【2013/9/10京都】米軍レーダー、府知事受け入れ表明へ 国財政負担に見通し

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130910000014

 

米軍レーダー、府知事受け入れ表明へ 国財政負担に見通し

 

京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に米軍がXバンドレーダーを配備し、近畿で唯一となる在日米軍基地を建設する計画について、京都府の山田啓二知事は9日までに、受け入れる意向を固めた。10日に小野寺五典防衛相と会談した上で、17日開会予定の9月定例府議会で正式に表明する見通し。

 

府は基地建設に伴う交番新設や道路改修について、防衛省側に国の財政負担を求めてきた。これまでの交渉で国から一定の回答が得られる見通しとなり、受け入れ条件が整ったと判断した。会談には、条件付きで受け入れを表明している同市の中山泰市長も同席する。

 

Xバンドレーダーは北朝鮮などの弾道ミサイルを探知する高性能レーダー。日米両政府が国内2カ所目の配備地に同分屯基地を選び、防衛省が府や同市に協力を求めている。

 

レーダー配備に伴い米軍は約5ヘクタールの基地を開設し、最大で約160人の軍人や軍属を配置する。

 

【京都新聞 朝刊1面 2013年09月10日 09時10分】

2013年9月10日京都新聞1面
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
京丹後市住民説明会 動画と書き起こし
報道記事 新着順